学生実習でJPTEC FRコースを開催しています!

平成30年7月4日、本学スキルラボセンターで第5回群馬大学医学部ファーストレスポンダーコースを開催しました。

JPTEC(Japan Prehospital Trauma Evaluation and Care)は、病院前における外傷患者対応について、習得すべき知識と体得すべき技能が盛り込まれた活動指針です。

JPTECプロバイダーコースは、主に救急救命士や救急隊員を対象として、救急現場における外傷患者の対応について学ぶ約7時間のコースです。

一方、JPTECファーストレスポンダーコース(FRコース)は、非医療従事者(山岳救助隊やライフセーバー、警察官など)を対象とした約2時間30分のコースです。

FRコースの内容もJPTECの概念に基づいており、医療資格を持たない最初の救助者(ファーストレスポンダー)が重症の外傷傷病者の発見から救急隊等に引き継ぐまでの対応を学びます。

平成30年5月から当院救命救急センターで臨床実習を行う医学部医学科4~5年生を対象にFRコースを定期的に開催しており、今回で5回目の開催となります。

FRコースは短時間で外傷診療のエッセンスを学ぶことができるコースであり、医学生が病院前診療の重要性を理解することにも繋がると考えています。

また、受講生が医学生ということもあり、通常のFRコースよりも、より発展的にプロバイダーコースに近い内容も指導しています。

医学生の臨床実習でのFRコースの最大の特徴としては、前橋市消防局を中心とした救急救命士の方々にインストラクターとして参加して頂いていることです。

外傷現場で活動している救急救命士の方々から医学生に直接指導して頂くことで、より重みと説得力がある実習内容になっています。

FRコースは平成28年から新設された比較的新しいコースであり、医学生の臨床実習でのFRコース開催は、全国でもまだ新しい取り組みと考えています。

受講した医学生のアンケート結果からは全体的に好意的な意見が多く、今後も当センターでは学生教育にJPTEC FRコースを活用していきます。


⇑ ブログTOPに戻る