群馬クリティカルケア研究会を開催します!

平成29年11月25日、高崎市のニューサンピアで第10回群馬クリティカルケア研究会が開催されます。

本研究会は群馬県内の救急・集中治療に携わる医療関係者が集まり、講演やハンズオンセミナー、パネルディスカッションを通して日常診療のレベルアップを図ることを目的としています。今回は当センターの大嶋清宏教授が当番幹事を務めており、本ページを通してプログラムをご紹介させていただきます。

「外傷診療の流れを知る! ~現場からICU へ繋ぐ命~」では、外傷患者における病院前診療から初期診療、外科手術そして集中治療管理までの流れを医師、看護師、救急救命士の方々にそれぞれの立場からご講演いただきます。この講演を通して外傷患者に対する一貫した診断治療の流れを掴んでいただけることを目的としています。

また「Basic Lectures」では、当院の脳神経外科・循環器内科、そして救急科医師からそれぞれ講演を行っていただきます。救急疾患の多い循環器・脳神経領域の疾患について、各科の専門医から基本的な内容を含めてお話し頂く予定です。また、当科からは近年救急・集中治療領域で注目されているPoint of Care 超音波について、村田助教から講演があります。

最後に「多職種による早期回復への支援」では、医師、看護師、薬剤師、歯科衛生士、理学療法士、臨床工学技士の演者がパネルディスカッションを行います。
救急・集中治療領域では、重症患者さんの治療が中心になるので、多職種による円滑なチーム医療の実践が不可欠です。このパネルディスカッションでは各職種の立場から患者さんの治療に対して、意見を述べ合い議論を行うことを目的としています。

上記の通り、本研究会では様々な企画を準備しております。
救急・集中治療に携わるあるいは興味を持っている医療関係者の皆様は、ぜひご参加ください。

なお、申込みについてはチラシ裏面の参加申込票に必要事項を記入して、FAXにてお送りください。
皆様のご参加をお待ちしております。


⇑ ブログTOPに戻る