群馬DMAT研修に参加しました!

平成29年7月8日(土)、前橋赤十字病院で開催された第5回群馬局地DMAT研修に当センターから大嶋清宏教授、一色雄太先生、澤田悠輔先生、寺島俊太副看護師長が参加しました!
大嶋教授はインストラクターとして、その他のスタッフは受講生として参加しています。

研修は群馬県内の各災害拠点病院からインストラクター、受講生(医師、看護師、業務調整員)が集まり、2日間にわたり行われました。

DMAT(Disaster Medical Assistance Team)とは災害派遣医療チームのことで、災害拠点病院である当院には多くのDMAT隊員が勤務しています。

災害は発生地域により「局地災害」と「広域災害」の大きく2つに分かれますが、今回の研修は群馬県内で発生した局地災害に対応するDMAT隊員を養成する研修になります。

研修内容は主に講義と実習に分かれており、災害医療の概論や、無線の使用方法、トリアージ方法など災害現場で必要な知識・技術を学びます。

特に研修の最後には、局地災害における現場救護所を想定した総合訓練を行い、研修で学んだ内容を活かして活動を行いました。(写真は総合訓練の様子です。)

今回の研修により、受講生の3人は群馬DMATとして県内の局地災害に出動できるようになります。

当院の他のDMAT隊員とも協力して、災害時には迅速かつ適切な活動ができるよう、今後も日々の臨床や訓練に努めていく所存です。


⇑ ブログTOPに戻る