JMECCに参加しました!

平成29年6月11日(日)、第5回群馬大学JMECCコースに当センターの澤田悠輔先生がアシスタントインストラクターとして参加しました!

JMECC(Japanese Medical Emergency Care Course)は日本内科学会が設立した救急講習会です。

当センターも年に数回開催している日本救急医学会が開発したICLSコースに、日本内科学会独自の内科救急をプログラムを加えたコースとなります。

ICLSは特に「突然の心停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生」を習得することを目標としていますが、JMECCはさらに心停止前の内科救急対応も含めたコースとなっています。

今回も群馬大学病院内科診療センターが主催しており、それに加わる形で当センターから澤田先生がコース指導に当たっています。

こうした教育訓練は「Off the Job Training」と呼ばれ、特に救急医療では外傷や災害医療、集中治療、熱傷など様々な状況を想定したコースが発展しています。

当センタースタッフは、こうした教育訓練に積極的に参加、あるいは指導に携わっており、今後もこうした教育コースを通して、日常診療の向上に努めていきたいと考えております。


⇑ ブログTOPに戻る