European Society for Trauma and Emergency Surgery Congress 2017に参加しました!

平成29年5月7日(日)~9日(火)、ルーマニア・ブカレストで開催されたEuropean Society for Trauma and Emergency Surgery Congress 2017に当分野の萩原周一講師、青木誠助教が参加しました。

以下、青木先生からの報告です。

こんにちは。救急医学分野の青木です。
今回、私と萩原講師の二人でヨーロッパ外傷学会(ESTES)に参加して参りましたので、ご報告させて頂きます。

今年のESTES Congressはルーマニアの首都ブカレストで開催されました。ルーマニア自体をそこまで知らず、ヨーロッパの中でもそこまで発展してない?と思っていた私は、会場の凄さに度肝を抜かれました!!

皆様ここが会場です(写真参照)。名前は国民の館(Palace of the Parliament)と呼ばれ、建築物としてはアメリカ国防省ペンタゴンに次いで2番目の大きさ!!だそうです。なんと!!

学会自体は外傷に関連する内容について多岐に亘って講演がありました。

私は日本外傷データバンクを用いて、TAE vs TAE+REBOAについてプロペンシティスコアマッチングを用いて解析した内容を発表し、萩原講師は凝固系検査を用いて輸血必要性を予測する(Am J Emerg Med:Epub ahead of print )という内容について発表して参りました。

英語のoral sessionでしたが、発表は特に問題なく終わり色々な先生方からもご意見をいただけました。

毎度の事ですが、海外の学会に参加すると同じ様に研究に熱い志を持って取り組んでいる先生方と会うことができ、非常にactivateされますね。

今回の遠征では、前橋赤十字病院の先生方、DIRECTという救急IVRに取り組まれている先生方とも交流することができ、実りのある学会となりました。

来年のESTES CongressはSpainです!!テンションあがりますね~!!またSpainに向けて熱いトピックをお届けできるように頑張ります!!


⇑ ブログTOPに戻る