救急科レジデントセミナーを開催しました!

平成28年9月5日、救急科レジデントセミナーを開催しました。

今回(第10回)は「外傷Advance」をテーマに当センターの青木誠助教がセミナーを行いました。以下、青木先生からの報告です。

皆様、こんにちは。リオオリンピックでの日本人選手の方々の活躍凄かったですね!!柔道、水泳、卓球、リレー等素晴らしい活躍にめちゃくちゃpowerをもらった青木です。

さて今回、救急科レジデントセミナーを私、青木が担当しましたのでご報告させて頂きます。今回の内容は5月30日(第3回)に当科一色先生が行った外傷初期診療の発展系として、「外傷Advance」というテーマで講義を担当いたしました。

私自身、外傷系医学雑誌を常に通読しており、その知識を元にここ最近の外傷診療のエビデンスも含めてお伝えいたしました。

外傷は損傷部位により多種多様な病態を呈しますが、一番対処しなくてはいけない根本的な病態は出血です!!出血に対してバイタルサイン、血液検査、理学所見等総合的アプローチをしてその病態を把握すること、そしてその具体的戦略を提示致しました!!

外傷は近年減ってきているとはいうものの、自動車社会が続く限り0にはなりません。私たち救急医のマネージメントで、その数を減らしたい!!と熱い思いを語り過ぎたかもしれません。

皆様、外傷について何かあれば是非私までご一報を!!
IMG_1439


⇑ ブログTOPに戻る