第1回G-GATEコースのご報告(救急超音波ブース)

平成28年7月30日、第1回G-GATEコースが開催されました。
今回は救急超音波ブースについてのご報告です。

近年、救急超音波に関する文献報告や教科書も非常に増えており、また、救急超音波に関する教育コースも全国で開催されつつあります。
救急超音波は救急医学において、いままさにホットな領域と言えるかもしれません。

本ブースでは、インストラクターが①眼球②EFAST③肺④心・大血管⑤RUSHの各テーマ毎に講義を行った後に、エコーを用いて実習を行うというスタイルで進めていきました。

正常像の確認では、当センターの看護師に被験者になってもらい、手技を学んで頂きました。
一方で、病変像を学ぶにあたり、G-GATEコースではSonosimと呼ばれる超音波シミュレーターを使用しました。

Sonosimは、様々な疾患の異常所見をシミュレーターで再現しており、これにより実際に患者さんにエコーを当てている様に学ぶことができます。

Sonosimを用いた救急超音波コースは日本でもまだ数えるほどしか開催されておらず、当教室ではSonosimを導入したおかげで、受講生により分かりやすく異常所見を学んで頂くことができたのではないかと考えております。

今回、ご参加頂いた受講生の皆様にはぜひ日常診療の様々な場面でエコーを使って頂き、診療の一助になってもらえれば幸いです。

G-GATE超音波


⇑ ブログTOPに戻る