学生実習でJPTEC FRコースを開催しています!

平成30年7月4日、本学スキルラボセンターで第5回群馬大学医学部ファーストレスポンダーコースを開催しました。

JPTEC(Japan Prehospital Trauma Evaluation and Care)は、病院前における外傷患者対応について、習得すべき知識と体得すべき技能が盛り込まれた活動指針です。

JPTECプロバイダーコースは、主に救急救命士や救急隊員を対象として、救急現場における外傷患者の対応について学ぶ約7時間のコースです。

一方、JPTECファーストレスポンダーコース(FRコース)は、非医療従事者(山岳救助隊やライフセーバー、警察官など)を対象とした約2時間30分のコースです。

FRコースの内容もJPTECの概念に基づいており、医療資格を持たない最初の救助者(ファーストレスポンダー)が重症の外傷傷病者の発見から救急隊等に引き継ぐまでの対応を学びます。

平成30年5月から当院救命救急センターで臨床実習を行う医学部医学科4~5年生を対象にFRコースを定期的に開催しており、今回で5回目の開催となります。

FRコースは短時間で外傷診療のエッセンスを学ぶことができるコースであり、医学生が病院前診療の重要性を理解することにも繋がると考えています。

また、受講生が医学生ということもあり、通常のFRコースよりも、より発展的にプロバイダーコースに近い内容も指導しています。

医学生の臨床実習でのFRコースの最大の特徴としては、前橋市消防局を中心とした救急救命士の方々にインストラクターとして参加して頂いていることです。

外傷現場で活動している救急救命士の方々から医学生に直接指導して頂くことで、より重みと説得力がある実習内容になっています。

FRコースは平成28年から新設された比較的新しいコースであり、医学生の臨床実習でのFRコース開催は、全国でもまだ新しい取り組みと考えています。

受講した医学生のアンケート結果からは全体的に好意的な意見が多く、今後も当センターでは学生教育にJPTEC FRコースを活用していきます。

JPTECコースに参加しました!

平成30年6月23日、前橋赤十字病院で開催された第13回県央地域外傷セミナー(JPTECプロバイダーコース)に当センターの大嶋教授が世話人、澤田先生がプレインストラクターとして参加しました。

JPTEC(Japan Prehospital Trauma Evaluation and Care)は、病院前における外傷患者対応について、習得すべき知識と体得すべき技能が盛り込まれた活動指針です。

本コースはJPTECに基づき、救急現場における外傷患者の対応について学びます。

コースには、病院内での診察内容に相当するような生理学的・解剖学的評価も含まれますが、外傷現場の安全確保や応援要請、車外脱出など外傷現場ならではの活動を想定した内容が含まれています。

そのため、JPTECコースの対象は主に救急救命士や救急隊員ですが、外傷診療に携わる医師や看護師も受講生として参加しており、病院外での活動を学べる貴重なコースでもあります。

平成30年3月から当院はドクターカーを運行していますが、外傷現場で救急隊と共に活動することがあることから、当センター医師・看護師は、JPTECコースを受講した上でドクターカーに同乗しています。

今後も、病院前診療において救急隊の方々と連携を深めていくために、当センタースタッフはJPTECコースに参加していきます。

群馬大学ICLSコースを開催しました!

平成30年6月16日、本学スキルラボセンターで第19回群馬大学ICLSコースを開催しました。

ICLSコースは日本救急医学会が開発した医療従事者のための蘇生トレーニングコースです。

緊急性の高い病態のうち、特に「突然の心停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生」を習得することを目標としており、受講生はシミュレーターを用いた実習で、蘇生のために必要な技術や蘇生現場でのチーム医療を身につけます。

インストラクターは当センターの医師・看護師を中心に、前橋市消防局からも救急救命士の方々にご参加頂きました。

受講生は院内の医師、看護師、研修医が中心ですが、今回は研修医の先生の参加が比較的多く、コースへ積極的に取り組まれている姿が印象的でした。

本コースで学んだ知識・技術を実際の臨床現場で活かして頂ければとインストラクター一同、願っております。

平成21年からスタートした群馬大学ICLSコースも次回で20回目の節目を迎えます。
今後も当センターではICLSコースを定期的に開催し、院内スタッフへの蘇生教育を行っていく所存です。

JETECコースに参加しました!

平成30年5月26日、当センターの青木誠先生が、国立国際医療研究センター病院で開催された第3回JETEC (Japan Expert Trauma Evaluation and Care)コースに参加しました。

以下、青木先生からの報告です。
皆様、こんにちは。救急医学の青木です。

JETECコースに参加してきましたのでご報告致します。
本コースは外傷初期診療コースであるJATEC(Japan Advanced Trauma Evaluation and Care)コースから発展した外傷専門診療コースです。

JATECはPreventable Trauma Death回避のために生理学的徴候の異常から診療を開始することに焦点を置いていますが、JETECではJATECの引き継ぎ、専門性、根本治療、意思決定、チーム医療、トータルマネージメントに焦点が置かれており文字通り外傷の専門のコースでした。

JETECコースの内容は、JETEC総論、チームマネージメント、頭部外傷治療戦略、胸腹部外傷治療戦略、整形外傷治療戦略、REBOA/IABOとTrauma IVR、Decion Making、ハンズオンと多岐に亘りました。

参加されていた先生も救急科、外科、脳神経外科、放射線診断科等、subspecialityも多岐に亘っており、講師の先生方もその領域のご高名な先生ばかりで、最新の知見を含め大変多くの事を勉強することができました。

外傷に興味のある方は是非とも参加してみてはいかがでしょうか?今後外傷専門医の必須要件になるかも?というアナウンスもありました。

私自身また新たに刺激を受け、今後も外傷診療に熱を入れるとともに勉強を継続しなくてはと感じた1日でした!

第3回G-GATEコースのお知らせ

本コースは群馬県内で働く主に初期研修医の皆様を対象に、当センター医師が中心となり開催している救急初期診療を学ぶコースとなっております。

前回のコースでは、群馬県内8病院の初期研修医から後期研修医、内科専門医の先生まで多くの先生方にご参加頂きました。

①救急超音波②急変対応・蘇生③重症外傷初期診療の3コースにそれぞれインストラクターがつき、講義及びハンズオンを含めた実習を行います。

いずれもシミュレーターや医療機器を使用した実習が中心となっており、汎用性の高い手技や頻度が少ない傾向にある手技もトレーニングすることができます。

①救急超音波コースは、救急・集中治療領域で行われるPOCUS(Point of care Ultrasound)を習得することを目標としています。急性期に役立つ「救急心エコー」「肺エコー」「大血管・DVT検索」「E-FAST」等の臓器別エコーの講義実習と、シミュレーターを用いたシナリオベースのトレーニングを行います。

②急変対応・蘇生コースは、気道/人工呼吸器管理や重症患者の移動などの具体的な状況を想定し、急変患者の評価方法と初期対応に自信が持てるようになることを目指しています。さらに、昨年からは小児患者の急変や気道管理にも対応できるように内容が強化されており、小児から成人まで幅広い急変対応を学ぶことができます。

③重症外傷初期診療コースは、重症外傷患者の初期対応について、講義と実習を組み合わて、体系的に学ぶことができます。特に、輪状甲状靱帯穿刺/切開や胸腔ドレナージ、心嚢穿刺のシミュレーターを使用できるので、普段慣れていない方も初療に必要な手技を学べます。

日時:平成30年8月25日(土)
会場:群馬大学医学部附属病院 スキルラボセンター
参加費:無料

詳細については以下のG-GATE特設HPをご参照ください。
また、参加を希望される方も以下のHPからお申し込み下さい。

https://cloud.conference-er.com/event/c1154531527

皆様のご参加をお待ちしております。
※先着順の受付とさせて頂いており、お早めの申込をお勧めいたします。


⇑ ブログTOPに戻る