群馬 Critical Trauma Meetingを開催しました!

平成29年12月8日、本学医学部臨床中講堂にて第1回 群馬 Critical Trauma Meetingが開催されました。

以下、青木先生からの報告です。

皆様、こんにちは。救急医学の青木です。

今回、群馬 Critical Trauma Meetingを開催させて頂きましたので、ご報告致します。

そもそも本会は、私、青木と前橋赤十字病院高度救命救急センターの小倉崇以先生が、「いつの日か群馬県内の各施設が参加して、外傷疾患を検討・研究をできる場を作りたい」と思っていたところから始まりました。

お互いに忙しい身でありながら、なんとか今年度より群馬外傷研究会を群馬県内の救命救急センター3施設、群馬大学放射線診断核医学分野の先生方とで立ち上げることができました。

そして、群馬外傷研究会の一事業として今回の群馬 Critical Trauma Meetingを開催するに至りました。ここまで辿り着くまでには、各施設の先生方と合計4回の事前会議を重ね、少しずつ準備を進めて参りました。

Meeting当日は症例研究、臨床研究案、そして群馬大学OBであり、現在は日本医科大学救急医学分野で活躍されている横堀將司先生のご講演と非常に充実した内容で開催することができました。
また、参加者も群馬県内の救命救急センターを中心とした各施設の医師、看護師だけでなく、県内消防の救急救命士の方々にも多数ご参加頂きました。

Meeting自体はDiscussionが活発に行われたのはもちろんのこと、懇親会まで非常に盛り上がり、今はここまでやってきて本当に良かったとやや感慨深い気持ちに浸っております(笑)。

一方で外傷という分野はまだまだ検討すべき項目があるのは間違いなく、研究会を立ち上げたからにはその会の継続と共に、最終的にはそれが患者さん自身の救命に繋がらなくてはいけないという使命感を感じております。

今後も群馬県における外傷診療施設間の更なる連携、そして群馬県の外傷診療の質的向上を目指すべく、皆で頑張って参りますのでどうぞ宜しくお願い致します。

山村地域での救命救急と救助技術セミナーを開催しました!

平成29年11月18日、国立赤城青少年交流の家で開催された山村地域救命救急と救助技術セミナーに当センターの大嶋教授と澤田先生がスタッフとして参加しました。

本セミナーは、山間部で発生した傷病者を救命救助することを目的に、当院麻酔科蘇生科を中心に、群馬JPTEC協議会、群馬県山岳連盟、群馬県防災航空隊の協力の下で毎年開催されています。

セミナーは2日間にわたって開催され、当院や他院の医師・看護師だけでなく、本学医学科学生も多数参加して、山岳救助に必要な埋没者捜索や特殊搬送技術講習、防災ヘリコプター機内活動訓練等を行いました。

今回のセミナーでは、前橋消防を中心とした県内消防の救急救命士の皆様のご協力の下、群馬県内で初めてのJPTECファーストレスポンダーコースが開催されました。

JPTEC(Japan Prehospital Trauma Evaluation and Care)は主に救急隊員を対象とした外傷傷病者の病院前救護に関するコースですが、ファーストレスポンダーコースは非医療従事者を対象として、傷病者発見から救急隊等に引き継ぐまでの対応を学ぶコースです。

参加者の皆様には用手的気道確保、止血法、刃物等の固定、用手的頸椎保護、フラットリフト、ログロールなどJPTECに基づいた外傷傷病者対応を学んで頂きました。

本セミナーを通して山村地域での厳しい条件下でも活動できる救急・救助の技術が少しでも多くの医療関係者に広がるよう、当センターは今後も取り組んで参ります。

第2回G-GATEコースを開催しました!

平成29年10月18日、第2回G-GATEコースを本学スキルラボセンターで開催しました。

G-GATE(Gunma General Assessment Technique for Emergency)コースは、主に初期研修医を対象とした救急診療のスキルアップを目指した講習会です。

本コースは①救急超音波②急変対応/蘇生③外傷をテーマとした3つのブースに分かれて、1日かけてじっくりと各テーマについて学びます。

今年度も当センターの村田将人助教が中心となり、当教室のスタッフが事前準備を進めて参りました。

第2回ということで、前回の経験を活かして、各ブースとも様々な工夫をしていました。

救急超音波ブースではSonosimに加えて、救急超音波トレーニング用人体模型を使用しました。

また、急変対応/蘇生ブースでは気管支ファイバー挿管や小児蘇生など一般的な蘇生コースをさらに発展させた内容の実習がありました。

外傷ブースでも本学スキルラボセンターが誇るシミュレータを総動員して、トロッカー挿入や輪状甲状靭帯切開などの手技を学んでいただきました。

第2回となった今回は、前回以上に群馬県内の各研修病院から多数の研修医の先生に多数ご参加いただき、大盛況のうちにコースを終えることができました。

来年度も当教室ではG-GATEコースを開催予定です。今後もコース開催を重ねていく中で内容をより充実させていきたいと考えております。

次回も研修医の皆様のご参加をお待ちしております。

J-MELSコースに参加しました!

平成29年9月23日・24日、当院スキルラボセンターで開催されたJ-MELSベーシックコース、インストラクターコースに当センターの萩原周一先生、青木誠先生がインストラクターとして参加しました!

以下、青木先生からの報告です。

皆様こんにちは、救急医学の青木です。

今回、私青木と萩原先生が、J-MELSコースにインストラクターとして参加して参りましたのでご報告させて頂きます。

日本母体救命システム普及協議会:J-CIMELS (Japan Council for Implementation of Maternal EmergencyLife-Saving System)とは、妊産婦死亡率の低下と周産期医療の向上のために、あらゆる職種の周産期医療関係者に標準的な母体救命法を普及させることを目的として、日本産婦人科医会、日本産科婦人科学会、日本周産期・新生児医学会、日本麻酔科学会、日本臨床救急医学会、京都産婦人科救急診療研究会、妊産婦死亡症例検討評価委員会の7団体共同で設立された協議会です。

J-MELSはJ-CIMELSが開催する講習会で、ベーシックコースは一次医療施設から高次医療施設に搬送するまでの母体救命対応を学ぶ講習会になります。

妊産婦死亡率の低下と周産期医療の向上のためには、産婦人科医師のみでなく、救急医を含めたあらゆる医療関係者との協力が重要です。そのため、J-MELSコースは、産婦人科医師だけでなく、我々救急科医師も参加が求められています。

今回、我々はベーシックコース・インストラクターコースに参加し、如何にして妊婦さんの状態変化を早期に認識し、適切な処置を行い、迅速に高次医療機関に搬送すればよいかという事を受講者の方々に指導させて頂きました。

当院産婦人科の先生方、学外からの先生方の熱意あるインストラクションのおかげで、非常に実りある2日間コースになったのではないかと感じています。

今回のJ-MELSコースは群馬大学での開催は初という事であり、応募が多数の為残念ながら参加できなかった方もいるとのことでしたが、12月にはまた改めてベーシックコースが開かれる予定です。

自分のように救急医、全身管理医として参加している医療者はまだまだ少ない現状ですが、少しでも妊婦さんの救急診療に関わっている方は是非とも参加して頂ければと思います。

我こそはと思う方、どうぞ次回のJ-MELSコースに奮って参加してみてください!!

Gunma Infection Meetingに参加しました!

平成29年7月29日、前橋市内で開催された第1回 Gunma Infection Meeting(GIM)で当センターの一色雄太先生が口演発表を行いました。

本研究会は群馬県内で感染症診療に関わる医師が症例を報告し、その診断や治療についてディスカッションを行います。
以下、一色先生からの報告です。

久しぶりの投稿になります。シニアレジデントの一色です。
今回私は、第1回 Gunma Infection Meetingに参加し、Toxic Shock Syndrome(TSS)の症例について報告致しました。

TSSは、約30年ほど前に生理用タンポンに繁殖した細菌により流行したことがありますが、最近ではかなり頻度の低い疾患になってきています。

救急外来では、怪我や風邪など、頻度の高い疾患の方ももちろん多く来院されますが、時にはこのような稀な疾患を経験することもあり、日々勉強が必要だと再認識させられます。

今回の発表は、テレビ番組のドクターGのような形式で発表者がヒントを出しながら、また参加者から追加の質問を受けながら、病名を導き出す展開でお話しをしました。

県内の各病院や内科、外科など各診療科の先生方が参加されており、多くの観点からディスカッションできる貴重な経験になりました。

研修医の先生からも発言が出てきたり、診療当時にはあまり考えもつかなかったような意見の提案もあり、改めて刺激を受ける機会にもなりました。

今後も、こういった研究会に積極的に参加することで、自分の診療能力を磨いていきたいと思います!

というわけで、一週間前に初めて子供が産まれてドキドキワクワクの一色がお伝えしました。ではまた!


⇑ ブログTOPに戻る