日本救急医学会 研修医・学生セミナーに参加しました!

平成29年7月15日、TKP御茶ノ水カンファレンスセンターで開催された日本救急医学会主催の「第6回 臨床研修医・医学生のための救急セミナー」に澤田悠輔先生がスタッフとして参加しました。

以下、澤田先生からの報告です。

澤田です。
平成29年1月より、日本救急医学会 学生・研修医部会設置運用特別委員会の委員を務めております。

このたび、同委員会が主催する「臨床研修医・医学生のための救急セミナー」にスタッフとして参加しました。

本セミナーは救急医学に興味のある臨床研修医および医学生を対象としており、クイズ大会とワークショップを通して、救急医学の魅力を伝えることを目的としています。

クイズ大会では、外傷・集中治療・ERの3つをテーマとして、症例をベースとしたクイズに各チームで取り組みます。

私も1チームのファシリテーターを担当しましたが、非常に熱心にクイズに取り組むチームで見事優勝することができました!(優勝賞品は代表理事のサイン入り「救急診療指針」でした!私も欲しい笑!)

ワークショップでは、「救急医のキャリアパス」をテーマに、施設や経験年数、スペシャリティの異なる救急医の先生方からの講演と受講生からの質問がありました。

プロフェッショナルな救急医が、ERやICUから、手術室、病院前救急(ドクターカー/ドクターヘリ)、災害医療、さらには研究や教育など多彩な面で活躍をしていることがよく分かるワークショップでした。

スタッフとしての参加ではありましたが、本セミナーを通して自分自身としても改めて救急医学の魅力を学ぶことができたように感じました。

救急科専門医は全国に4302名(2017年6月8日現在)いますが、まだまだ救急医が足りているとは言い難い状況です。

こうしたセミナーを通して、救急医を目指す学生・研修医が増えてもらえるよう、今後も微力ながら活動して参りたいと思います。

本セミナーは来年度も開催予定です。こうしたセミナーの情報は、日本救急医学会が作成している「救急医を目指す君へ」HP (http://qqka-senmoni.com/)に掲載されています。

救急医を目指す学生・研修医の皆さんはぜひ「救急医を目指す君へ」HPを御覧ください。(当センターの青木先生、村田先生、市川先生、澤田の記事も掲載されています。)

医学科学生の選択臨床実習のご報告

平成28年12月22日、今年度の選択臨床実習第1タームが終了しました。
今タームは医学科5年生・3名が救命救急センターで選択実習を行いました。
今回は市川優美先生からの報告です。

シニアレジデントの市川優美です。今回は学生実習のお話をさせて頂きます。

12月から医学科5年生の選択実習が始まり、今タームは当センターに3名の学生さんが実習に来てくれました。本年度より実習期間が1ターム1カ月と長くなったため、診療チームに一人ずつ所属し、チームの一員として実習に参加してもらいました。

学生さんには救急外来や病棟での診療、カンファレンス、夜勤などの診療に一緒に参加する形で実習を行いました。最終日には選択臨床実習のまとめとして、担当患者さんのプレゼンテーションと考察を発表して頂きました。

3名の学生はみな真摯に実習に取り組んでおり、救急医療の実際を間近で感じることができたのではないかと思います。1ヶ月間の長い実習でしたので、プレゼンテーションも症例をじっくりと学んだことが伝わってくる素晴らしい内容でした。

当院は大学病院ではありますが、救命救急センターには軽症から重症まで幅広い患者さんが救急搬送されます。救命救急センターでの実習で、当センターが決して複雑で稀な疾患を診ているだけでなく、Common DiseaseからSevere Diseaseまで数多くの疾患を診療していることを実感してもらえたのではないでしょうか。

1月からは第2タームの医学科5年生が実習に参加予定です。また、当センターでは、他大学の学生さんの見学も常時受け付けております。見学を希望される方は、当院臨床研修センター(c-center■ml.gunma-u.ac.jp;■を@に変えて下さい)までお気軽にご連絡ください。

当センターは今後も大学病院の救急部門として教育にもしっかりと取り組んでいく所存です。

image1

「救急医をめざす君へ」に当科医師の記事が掲載されました!

日本救急医学会が救急医を目指す研修医・学生向けに
「救急医をめざす君へ」というホームページをオープンしました。
救急科専門医ができる事、マンガ、動画メッセージなど充実したコンテンツが含まれています。

当科からは4人の若手医師からのメッセージが掲載されています。
「先輩たちの声」に村田将人先生、市川優美先生、澤田悠輔先生、
「私のキャリアプラン」に青木誠先生からのメッセージがそれぞれ掲載されています。

各先生ともそれぞれの視点から救急医の魅力、やりがいについて書いていますので、皆様ぜひご覧ください。

こうしたサイトをきっかけに一人でも多くの医師が救急医を目指してもらうことを教室員一同、祈っております。

日本救急医学会 「救急医をめざす君へ」 救急科専門医・専攻医のなり方など情報サイト
http://qqka-senmoni.com/

2014年卒業試験

今年度の救急医学の卒業試験ですが、11月19日の予定です。

選択学生実習集合場所・時間

臓器病態救急学の5年―6年の選択実習は朝8時に救急外来集合です。


⇑ ブログTOPに戻る