日本救急医学会専門医指定施設に認定

群馬大学大学院医学系研究科救急医学 群馬大学医学部附属病院 救命総合医療センター


     

研究・教育

研究

基礎研究

  • 心肺蘇生後の脳保護に関する実験的研究
  • 心肺蘇生後の臓器の虚血再灌流傷害のメカニズム解明とその抑制に関する実験的研究

臨床研究

  • 心肺停止症例の予後因子に関する研究
  • 多発外傷におけるMDCTの有用性に関する研究
  • 歯周病菌が動脈硬化に及ぼす役割に関する研究
  • 重症救急病態における栄養管理に関する研究
  • 新しいエンドトキシン測定法であるEndotoxin Activity Assay(EAA)の臨床的意義に関する研究
  • 初期大量輸液を要する重症救急病態における胸腔内血液量および肺血管外水分量測定の臨床的意義に関する研究
  • 重症救急症例における脂質代謝,特にapoC1の変動に関する研究

ページトップへ



教育

学生教育

 医学科4年生から始まる臨床実習の前には心肺蘇生法の講義およびシミュレーターを用いた実習を指導しています。その後開始される臨床実習では、救急医学概論、心肺蘇生法の再確認、外傷初期診療、急性腹症や循環器疾患の救急診療等の講義、また救急外来での救急診療の実際や入院患者の診療を体験してもらっています。
 その後の選択実習で当科を選択してくれた学生については、スタッフや研修医とともに救急患者の初療やその後の集中治療管理に参加してもらい、救急医療の現場を肌で感じてもらうようにしています。そして実習の最後には、担当した患者さんを症例報告としてスライド形式でスタッフの前で発表してもらい、学会発表を意識したスライド作成法やプレセンテーション法に関して実践的指導を行っています。臨床実習終了後の6年時での臨床実践講義では、救急医学として、症状から診る救急疾患、外傷初期診療、中毒および重症熱傷の管理を教室のスタッフが講義します。なお、夜間や休日の自主的な実習参加は随時歓迎しています。

ページトップへ


初期研修医教育

 救急をローテーションする初期研修医に対しては、ACLS、ICLSやJATEC等の救急診療のスタンダードを身に付けたスタッフの元、1次~3次までの救急症例をできるだけ多く体験してもらい、診療の手順、鑑別診断から確定診断へ至る経緯といった内科的側面から、創部の洗浄、止血や縫合などの創傷処置やドレーン挿入やその管理といった外科的側面まで、幅広く指導しています。「大学病院は特殊な疾患ばかり扱って、common diseaseが診られない」という文言は、当施設には当てはまりません。また、学会発表や論文作成といった学術的な面においても積極的に指導を行っています。

ページトップへ


後期研修医(医師3年目)以降に関して

 以前は、内科、外科あるいは麻酔科といった領域で経験を積んだ医師が、そのsub-specialityを生かして救急医療に携わることが多かったですが、それですとどうしても自身が得意とする分野のみに偏りがちです。真のgeneralistとして救急医療に携わるためには、まず若いうちからその姿勢を身に着けることが必要です。

ページトップへ


行動目標

  • 研修医や他の若手の手本になることを常に意識し、一般社会人としてどこに出しても通用するようにすること(挨拶、身だしなみ、コミュニケーションなど)。多領域の医療関係者と共に円滑かつ迅速に業務を進めることが要求される救急医は常に「Be nice!」でなければならない。
  • 幅広い疾患の初療に当たり、診断へのアプローチ(鑑別診断)と専門医へのコンサルテーションのタイミングを体得する。さらにそれを初期研修医に指導できるようにする。
  • 救急での基本的な手技(中心静脈カテーテル挿入、胸腹腔穿刺、縫合、切開排膿、等)を確実に習得し、さらに初期研修医に指導できるようにする。
  • 学会での積極的な発表(シンポジウムやパネルディスカッションを狙う)、そしてその内容をしっかり論文にすること。
  • (救急関連の)off-the job trainingへの積極的参加(救急診療のgold standardの取得)。さらには、そのような講習会での指導的役割を担うこと(インストラクターやディレクター資格取得、現場を知る救急医の使命の一つです)。
  • 初期大量輸液を要する重症救急病態における胸腔内血液量および肺血管外水分量測定の臨床的意義に関する研究

<社会貢献>

 当教室は、NPO法人である「群馬救急医療推進協会」を中心となって運営し、その活動を通じて、救急医療の原点である初期治療や災害医療の重要性の啓発に努めながら、医師だけでなく、その他の医療従事者や救急隊員等の様々な職種との連携に貢献しています。
 また当病院では、医師(当教室所属)、看護師および事務職員が厚生労働省管轄のDMAT(Disaster Medical Assistance Team)隊員養成研修を修了しDMAT隊員として登録されており、災害発生時には群馬DMAT隊として活動しています。2011年3月11日に発生した東日本大震災でもDMAT隊を派遣した実績を有しています。その他にも、一般市民に対する救命処置法の講習や、救急救命士の病院実習等にも積極的に取り組んでいます。

ページトップへ


救急での後期研修医以降のキャリア形成システム


 救急分野の中でも特に極めたいことを意識させ、それに関して、国内あるいは国際留学を含めて広く勉強できる環境をいつでも提供できるようにしたいと考えています。そして、その内容を学位取得やlife workにもつなげられるような環境を整備しています。また、内科・外科あるいは麻酔科などのsub-specialityを身に着けたいという希望にも対応可能です。

ページトップへ


開業を考えておられる先生へ

「そろそろ開業してみようか・・・」とお考えの先生、
「ずっと専門領域に携わってきたけど、専門外の急患が来たら・・・」
「手に余るような急患、躊躇なくどこに相談すれば・・・」

 そんな不安がもしおありなら、開業前の短期間に、我々と一緒に大学病院での救急医療に携わってみませんか?幅広い疾患に対応することでより深い経験(と度胸?)が身に付くだけでなく、開業後のback-up体制に関しても御相談にのれると存じます。